散歩の達人 東京落語特集

¥ 737

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • DM便(164円)★5冊以上もこれ★

    複数注文はこちらをご選択ください。

    全国一律 164円

※3,240円以上のご注文で送料が無料になります。

散歩の達人(出版:交通新聞社)
2019年9月号は「大特集 もっと知りたい 東京落語」!

【本書の内容】
◇《インタビュー》森山未來、浅草を歩く
ーーNHK大河ドラマ『いだてん』で古今亭志ん生の若年期・美濃部孝蔵を演じる森山未來。役が決まってからというもの、何度も足を運んだという浅草、人間のパワーが凝縮されたこの街で、二人の「芸に生きる」男が時代を超えてシンクロする。

◇大特集「もっと知りたい東京落語」
時代を超える都市の芸能を楽しむ
テレビドラマや映画、漫画などをきっかけに、落語ブームがたびたび起きた平成の時代。令和のはじめの落語界を見渡せば、個性豊かなベテラン勢が多方面で活躍する一方、勢いある若手の人気も最高潮、まさに百花繚乱だ。落語はもともと、江戸や上方の街場で発展した都市ならではの芸能。独創的な新作落語の担い手も増えているが、庶民のユーモア、生活や人生の機微、街の文化を描く基本は変わらない。古典芸能だし、難しいのでは? そんな方はまず、寄席に出かけてみてください。お目当てがなくても、思いがけない出会いの妙がある。それは、散歩の醍醐味そのものです。

・まずは寄席に行ってみよう
・東京の街と落語家① 池袋×柳家喬太郎
・東京の街と落語家② 王子×瀧川鯉昇
・東京の街と落語家③ あの頃、志ん生・文楽がいた東京
・雲田はるこインタビュー 『昭和元禄落語心中』が描いたもの
・落語の舞台を歩く1 「元犬」の蔵前~千住
・落語の舞台を歩く2 「富久」の浅草~日本橋 ・
・落語の舞台を歩く3 「文七元結」の本所~吉原
・季節を感じる落語演目8選
・落語と東京の味
・寄席のある街へ
・寄席のある街の歩き方 上野 新宿 浅草 池袋
・真打昇進披露興行へ行こう!
・攻めてる落語スポット案内
・気軽に行ける、街角落語処
・ようこそ! 新作落語の世界へ
・WHAT IS EIGO RAKUGO?
・落語と青春の逍遥『の・ようなもの』
・柳家小三治が噺家になるまで

etc...

通報する